>

行きたいと思わせるコツ

映像や画像で分かるサイト

飲食店といえば、最も大切な点が料理です。料理は、メニュー名を並べられているだけでは、想像がつきにくく、このお店に行きたいという考えまでには至りません。
ですので、映像や写真を掲載することで、お客さんにおいしそうだからぜひ食べたいと、ぜひこのお店に行きたいと思わせることができます。
食事は特に色や形によって、おいしそうと思わせることができますので、見栄えが良い写真を使用することが大切です。
実際、お客様がどのような場所で食事をするのか、ゆったりくつろげる店内なのか想像ができるように、映像を利用するのも良いかと思います。
より視覚的に情報を伝えることで、お客様が実際足を運んだらどうなのかと想像するだけでわくわくできるようなサイトにしましょう。

お店に来やすい工夫

ホームページには、お店の外観、内観の写真を掲載しましょう。
お客さんが利用場面によって、雰囲気にあったお店を選択したいと思います。ですので、お店がどのような空間で、どのような雰囲気なのか、お客さんは知りたいはずです。また、特に気にする人が多いのは、喫煙か禁煙なのかということがあります。
特に家族連れは気にする方が多いですので、記載するようにしましょう。
お店の外観や内観は写真だけではなかなかわかりにくい部分も多数あるかと思います。しかし、すべての写真を載せるのではなく、一言文章程度に説明を加えることで、わかりやすく伝えるということが必要だと思います。
また、お店の場所を示す地図や住所などを記載して、アクセス方法が分かりやすいようにしましょう。


TOPへ戻る